赤い袖先 画像

韓国ドラマ『赤い袖先』感想 評価 レビュー(後半ネタバレ歴史の予習有)

赤い袖先 感想 評価 レビュー

韓国語タイトル:옷소매 붉은 끝동 (オッソメ プルグン クットン) ※直訳すると服袖赤いクットンとなります
・2022年 韓国放映 / 2022年4月視聴
・出演イケメン:イジュノ(2PM)
・内容:李王朝第22代国王 イ・サンと見習い女官のラブストーリー

総合評価、ちょっとおまけで4!
イケメン ★★★☆
ときめき ★★★☆
ストーリー ★★★☆
脇役 ★★★

韓国でおもしろいと話題になっていたドラマです。早く観たくてウズウズしてました。そしてこのドラマでジュノは見事、百想芸術大賞 最優秀演技賞を受賞しました。ジュノ、おめでと~!
感想を一言でお伝えすると、「期待したほどではなかったかな。。。」というのが結論です。前評判が良過ぎてハードル上がりすぎてたのかも。
 

今回ジュノが演じたのはイ・サンという李王朝後期の王様(世孫)です。私たち日本人にとっては、ピンと来ないのですが、韓国では世宗王(ハングルを作った王様)に次いで人気がある王様のようです。何度もドラマ化されたり、映画に出て来たりする王様です。
 

歴史上の人物が主役の時代劇の辛いところは、誰と結婚したとか、どういう理由で死んだとかが決まってしまってる事です。
細かい解釈はさておき、今回のドラマも一応史実に沿って進んでいきます。
韓国の方が時代劇を見るときは「はもめてるけど、この人が王様になるのよね~」とか「この人のお父さん処刑されたのよね~」とか。ある程度の基礎知識がある上で、つまりネタバレ状態でドラマを楽しんでいるので、歴史相関図を知らずに視聴する日本人の楽しみ方とはちょっと違うんだろうなと思います。
日本人も織田信長がどういう形で死を迎えるか、織田信長を討った明智光秀がその後どうなるか、結末は分かってる上で大河ドラマ見ますよね。
それと同じだと思います。
・・・という事に気が付いてから、歴史ドラマはある程度の人物像をネットで調べて予習してから視聴するようにしています。これをせずに見始めてしまうと、偉いじいさんの顔の見分けがつかないうちにドラマが半分終わってる事になってしまうので。(インコヌナはイケメン以外の顔認識能力が著しく低いんです)
 

・・・というわけで、今回の主人公の王様、イサンについて基礎知識

・第22代国王 正祖(李祘/イ・サン)1752-1800
・父は思悼世子。 政治抗争に巻き込まれて亡くなる(いわゆる米びつ事件)
・祖父は21代国王英祖。母の身分が低くて苦労した  
・文化的にも政治的にも功績が多く、李王朝における名君の一人
・政治的な抗争が激しい時代。何度も暗殺されかける
・日本は江戸時代後期にさしかかる位の話(ちなみに解体新書が発行されたのが1775年、ペリー来航は1852年)
・人気のある王様なので、よくドラマに登場してる(成均館スキャンダル、イサンなど)

と、このあたりを前知識として持っておくと、ドラマの世界観にすっと入れるのではないかと思います。
 

ここからはネタバレ感想注意!!

期待値が高すぎたと冒頭でお伝えしましたが、ドラマの良かったところとイマイチだったところを挙げたいと思います。
インコヌナ的にイマイチだった大きな理由は、ヒロインのドクイム(イセヨン)が個人的に好みじゃなかったこと。とっても綺麗な女優さんだと思うのですが、ヒロインがタイプの女の子じゃないと、ヒロインの気持ちに寄り添えない感じがあって。それと、そこまでサンを拒み続けるのには、ちょっと理由が弱いのでは?とも感じました。まあ、拒まん事にはドラマのストーリーが成り立たないんだとは思いますが。
2番手のホンドンロ(カンブン)に全くときめかなかった。。。2番手が強くないと、ドラマは(というがインコヌナが)盛り上がらないのよね~。。。 これは個人的な好みの問題です。
 

設定に無理あるやろ!っていうシーンも何個かありました。
インコヌナがどうしても納得いかなかったのは、人を襲う寅が宮中に紛れ込んでしまったとき、女官達を順番に避難させるために、ヒロインのドクイム(イセヨン)が朗読で人を集めて整列させるっていうところ。そんなことしてる間に避難させろよ。。。

それと祖父ね。孫を愛情深く見守ってるっていう感じになってるけども、サンに降りかかる災いのほとんどはおじいのせいやないかwwサンが寅を退治したときも、褒めるどころか罰与えて。この理不尽さ、なんか既視感あるなと思ったら、インコが働いている会社ですね。。。さすがに拷問されたり、一晩中外で土下座させられたりはないですがwww
 

良かったところは、やはりジュノの王様っぷりです。
ジュノは本当に役者向きの顔だな~と思います。こういう王様の役もしっくりくるし、『ただ愛する仲』で演じた不良役も抜群でした。どんな役もハマる顔ですよね!さっぱりした嫌味のない顔が、見飽きない。好きやわ~ジュノ。
 

赤い袖先 韓国ドラマあるある

韓国ドラマあるあるを見てみましょう。
 

該当9つ。時代劇なので、現代劇とは微妙に違うあるあるになってます。
今回は世子ではなく、世孫ですが、まあ同じ事なので〇にしてます。

辛口感想をしつつも、評価4と高評価をつけた理由は、後半気になってぶっ続けで朝の4時まで観てしまったりしたから、やっぱりおもしろかったのかな?とも思いました。箸が進まないイマイチなドラマって、集中力がもたなくて一気に観る事が出来ないので、やはり前評判通り、おもしろかったって事ですねwwww
 

あなたの評価の星の数をタップしてください

あなたの赤い袖先の評価の星の数をタップしてください。
(表示されているのは現在の平均点です。)

あなたの評価を5段階で投票できます

平均 3.9 / 5. 合計 9

現在投票はありません

コメントを残す