ライブ画像

韓国ドラマ『ライブ~君こそが生きる理由~』感想 評価 レビュー(ネタバレあり)

ライブ~君こそが生きる理由~ 感想 評価 レビュー 

韓国語タイトル:라이브/ライブ
・2018年韓国放映 / 2020年11月視聴
・出演イケメン:シンドンウク イグァンス ペソンウ
・内容:韓国で一番忙しい交番で働く、新米警察官の日常

総合評価 3.5
総合  ★★★☆
イケメン ★☆
ときめき ★★
ストーリー ★★★★★
脇役 ★★★

このドラマ、内容というかストーリーは素晴らしかったんですが、なぜ3.5点かというと、あまりにもしんどくて、観るのが憂鬱になったからです。。。 ほっと出来るはずのラブ要素も、個人的にウキウキ出来るものではなかったし。
 

「大丈夫、愛だ」と同じスタッフが制作したドラマって事と大好きなチョンユミさんが主演って事で視聴し始めました。
あのほっそいチョンユミさんが警察?大丈夫かいな、、、と思いましたが、がんばってよく走ってらっしゃいました。
相手役のイグァンスさん、、、。素晴らしい俳優さんです。いろんなドラマでお会いしていつもお世話になってます。でも。。。。チョンユミさんとのキスシーン。。。。ごめんなさい。目を伏せました。チョンユミさん、いつもイケメンとラブいシーンばっかりやってて、ええな~と思ってたけど、今回はイグァンスさん。。。。

インコヌナはな、イケメンが好きなんや。

ごめんやで。
もう一度言いますが、イグァンスさんは演技力も素晴らしいし、韓国ドラマになくてはならない存在と思ってます。

でもな、インコヌナはイケメンが好きなんや。(再放送)
 

オヤンチョンさん

観てるこっちがくじけそうになるほど理不尽な事やつらい事件が次々起きて、しかもそれがひとつひとつリアリティがあって、本当につらかった。警察という組織は特別ではあると思いますが、会社員でも多かれ少なかれ理不尽な事にはしょっちゅう直面します。上司の悪事の証拠をつかんだところで、それを証拠に訴えたり交渉するとか、やめる覚悟がなければ、そんな簡単にできるわけではないし。
そういうジレンマもしっかり描かれていました。
 

イケメン枠としては、こちらのチェミョンホさん(シンドンウク)が断然イケメンで素敵でしたが、

おっさんのオヤンチョンさん(ペソンウ)もかっこよかった~!

あんな顔大きくて全然イケメンじゃないおっさんにキュンとするなんて!最初は鬼教官として出て来て、「おーこわ、こういう人大っ嫌い」って思ってたんですが、どんどん素敵に見えて来て、最終的には結婚してくれとまで思いました。
オヤンチョンさんが、サンス(イグァンス)に、
「市民のために自分を投げ出せ、使命感を持て、と言い続けてきた事を後悔している。今度同じような場面にあったら、そのときは逃げろ」
と男泣きにしながら言ったのにはもらい泣きしました。
そして元嫁に対しても「お前の涙を受け止める自信がなかった」と謝るシーンにも、心打たれました。そして嫁であるジャンミさん(ペジョンオク)、自分から、離婚したいと言ったにもかかわらず、「まだオヤンチョンを愛してるの」と言っちゃうし、過去にジャンミさんを取り合ったライバルであるギョンモさんにまで「お前がかっこ良過ぎたから譲った」と言わせてしまうオヤンチョンさん。
確かにかっこよすぎた。男の中の男やで!
全然イケメンじゃないのに、後半なぜか顔までかっこよく見えて来るマジック。
 

正義感って、出世や金儲けには何の助けにもならないし、持ち続けるのは本当に難しい。だからこそみんな正義感と使命感に憧れ、惚れて、ついていくんだろうなって思いました。
   

ライブ~君こそが生きる理由~ 韓国ドラマあるある

韓国ドラマあるあるをチェックしてみましょう。

なんと、11項目達成!すごい!
 

今回のイケメンもトラウマかかえてましたね。イケメンがトラウマかかえてる事が多すぎるので、トラウマという項目増やしましたww
 

あなたの評価の星の数をタップしてください

あなたのライブ~君こそが生きる理由~の評価の星の数をタップしてください。
(表示されているのは現在の平均点です。)

あなたの評価を5段階で投票できます

平均 4.2 / 5. 合計 19

現在投票はありません

コメントを残す