椿の花咲く頃画像

韓国ドラマ『椿の花咲く頃』感想 評価 レビュー(ネタバレあり)

椿に花咲く頃画像

椿の花咲く頃 感想 評価 レビュー

韓国語タイトル:동백꽃 필 무렵 ドンぺクコッ ピルムリョプ
・2019年韓国放映 / 2020年6月視聴
・出演イケメン:カンハヌル キムジソク  キム・ガンフン(子役)
・内容:シングルマザーのラブコメディ サスペンス

総合評価:4 ちょっとおまけですね
総合  ★★★★
イケメン ★★★★
ときめき ★★★
ストーリー ★★★★
脇役 ★★★

カンハヌルすごい

ラブコメの女王、コンヒョジンさん主演のドラマです。
彼女に対して今更あれこれ説明する必要はない。あいかわらずスタイル抜群、素敵でした。田舎っぽいファッションをするときのコンヒョジンファッションも、なんとも素朴でかわいい。わたしが真似してやったら、ただの田舎のおばちゃんになるので真似しませんが。
コンヒョジンは本当に良いドラマにばかり出ますね。
コンヒョジンドラマはとりあえず観といて間違いない。
幸薄目の役をよくやってる気がする。(最高の愛とかありがとうございますとか嫉妬の化身とか)

もう一人の主役、ヨンシク(カンハヌル)ですが、すごいなって思いました。
カンハヌルさんとの出会いは未生というドラマでしたが、そのときは秀才風の真面目なメガネサラリーマンだったので、その印象が強くて。
でも考えてみればハッピーログインという映画で耳が聞こえない繊細な青年を演じていましたが、最初カンハヌルと気が付かない位、本当にその役がぴったり合ってたので、それだけ演技が上手いんでしょうね。
未生のときはチャンベッキには響かなかったのですが、ハッピーログインで一気にインコヌナのお婿さん候補にのし上がりました。
ハッピーログインも気楽に見れてすごく素敵な映画だったので、おススメですよ。
 

今回のヨンシク役は、、、暑苦しかったwww
最初苦手なタイプ~と思ってたんですが、だんだん愛着が湧いて来るもんですね。
しゃべり方も、細かい方言まで分からないですが、ソウルの言葉ではないのはなんとなく分かりました。
擬音語も多くて、こういう人いるいる!っていう感じ。チャンベッキ感ゼロ。
終わりかけになると、その暑苦しさが愛しくなっとりました。
正義感が強くて純朴で、都会的ではなくて。都会っぽさがないのが温かくて。ほんま、なんて素敵な人なのよ!

韓国の演技大賞で、愛の不時着のヒョンビンを抑えて、男性最優秀演技賞を受賞したのもある意味納得。
納得しつつも、会社の同僚と「カンハヌルが受賞って事はないやろ~」なんて話をしていたのですが、見事に外れましたね。
 

じわじわくるドラマ

※この先ちょっとネタバレあり↓↓↓↓↓

ドラマの内容的には、前半は田舎で起こる小さな事件や日常のいざこざ、といった感じで、最初の方は正直ちょっとダルいなと思ってました。のんびりし過ぎというか。そののんびりさというか、ダルさが今回減点ポイントでした。
愛の不時着ロスの状態で、このドラマを観てましたから余計そう感じたんでしょうね。
でも基本的にこういう日常のほんわか系の話、嫌いじゃないんです。
だんだんのめりこんでいきました。

サスペンス部分についても、素晴らしかったです。
こんなほんわかした日常系ドラマな雰囲気をキープしつつ、サスペンス部分も確実に進んでいくのがさすが。
ラブコメなのにサスペンス、とかそういうの上手いですよね。韓国ドラマ。
最終話までのまき散らされた謎の回収具合も素晴らしかった。すっきりです。
あれなんだったの?みたいなの無し。

こうやって感想を書いてると、すごく良いドラマだったと思えてきた。
あとからじわじわ来るドラマってありますよね。
前半怠いなと思っても、ちょっとがまんして観てみてください。
良くまとまった素晴らしいドラマだと思います。

椿の花咲く頃イラスト

椿の花咲く頃  天才子役と名脇役

天才子役現る!

子役のピルグ(キム・ガンフン)がとってもかわいいの!かわいいだけじゃなくて演技もめちゃ上手。
こりゃ次世代の子役はこの子に決まりや。

椿の花咲く頃子役画像 ピルグ画像

泣く演技も怒る演技もすねる演技も素晴らしかった。ほんとに子供??
中にベテラン俳優入ってるんちゃうか?と思うくらい上手。
野球の試合でわざとデッドボール(合ってる?)当てられて、切れて上級生殴りかかりに行くとこもかわいかったな。
納得いかない事があるとき、泣きながら怒る演技、本当にかっこよかったぞ、ピルグ。

ピルグの好きなシーンが2つあるんですが、
1つ目は、
普段野球の練習を見に来てくれないドンペクオンマが学校に来たのを見つけて駆け寄って
ピルグ「その髪型はどうしたの?」
ドンベク「おかしい?」
ピルグ「そんな髪型で。。。」
ピルグ「ほら、美人だって言っただろ?ポニーテールが最高。」
友達「うそじゃなかった」
ピルグ「アイドル並みだといっても誰も信じてくれないんだ。だから学校にきてって言ったのに。ポニーテールで来てねって言ったじゃないか」
ドンベク「今日は急いでたのよ。次はポニーテールにするね」
。。。自分の母親がいかに美人かをわめき散らすピルグ。めちゃかわいい♡

2つ目は、
ヒャンミと歩きながら、ドンベクオンマがいろんな男に言い寄られてる事に対して、ぼやくピルグ。
「あんな母親がいる?かわいすぎる。母親が町一番の美人だから僕も疲れるよ」
なんと。。。!
かわいすぎるやろ。
それを聞いたヒャンミもしみじみ「わたしも息子が欲しくなるわ」と言ってました。同意。完全に同意。こんな息子欲しい。

めっちゃちっさいくせに必死で母親を守ろうとするピルグにキューン♡
この演技力。彼はきっとまた他のドラマでもお目にかかれるでしょう。
もちろんこの子も賞を取ってましたね。当然だと思います。
 

ドラマを盛り上げる脇役たち

個性派ぞろいの脇役陣でしたが、ギュテの事はつっこまずにはいられない。
本当に嫌なやつと思ってました。こういうおっさん、居るよね~。完全に嫌いなタイプ。
「オッパ(お兄ちゃん)トンセン(妹)の仲だ」と言いながらドンペク(コンヒジュ)にセクハラするの見て、イラついたわ~。
そう言いながらピーナッツをサービスするのを強要してくるし。
でも後半になるにつれて、ある意味愛すべきおじさんという事も分かってきて、なんかうっとうしいけど憎めない親戚のおじさんみたいに思えて来て。
そういうところも絶妙にうまいドラマだな~と思いました。
 

近所のおばちゃん役のチャンスク(キムソニョン)さん。

この人、ほんま何にでも出てる!しかもいいドラマに出てるのよ。
ここ最近のドラマでも 愛の不時着にも出てたし、ロマンスは別冊付録にも出てたし。賢い医師生活にもカメオ出演してたし。ちょっと前のドラマでは、1988応答せよにもソヌオンマとして出てましたね。名脇役です
国民の妹、国民の弟、国民の初恋。。。といろいろ居ますが、もはや彼女は国民のそのへんのおばちゃん。「そのへん」具合がとっても上手い。そのへんのトップ俳優!
今後もがんばってください。
 

椿の花咲く頃 韓国ドラマあるある

では韓国ドラマあるあるのチェック項目を見てみましょう。

該当は6項目。少な目です。

すごく韓国ドラマらしいドラマでありながら、あるあるは少な目でした。
だからのんびりした雰囲気のドラマでありながらも、新しさを感じるドラマに仕上がってたのかもしれませんね。
 

あなたの評価の星の数をタップしてください

あなたの椿の花咲く頃の評価の星の数をタップしてください。
(表示されているのは現在の平均点です。)

あなたの評価を5段階で投票できます

平均 4.1 / 5. 合計 23

現在投票はありません