プロデューサー画像

韓国ドラマ『プロデューサー』感想 評価 レビュー(ネタバレあり)

プロデューサー画像

プロデューサー 感想 評価 レビュー

韓国語タイトル: 프로듀사
・2015年韓国放映 / 2016年9月視聴
・出演イケメン:キムスヒョン チャテヒョン
・内容:テレビ局を舞台にしたラブコメ

総合  ★★★★★
イケメン ★★★★
ときめき ★★★
ストーリー ★★★★
脇役 ★★★★

この先ネタバレアリ注意↓↓↓↓↓

そもそもキムスヒョンはイケメンだったっけ?身長高くてスタイルはめっちゃいい。でもイケメンに見えるときもあるけど、眉毛めっちゃ太いし、「あれ?」って思ってしまうときもある。いやいや、やっぱりイケメンなんだけど、このドラマはちょっと抜けたところがある役だったので、イケメンだったことを時折忘れてしまいました。
いろんなタイプの俳優が居ると思いますが、彼の場合は、本人も役柄みたいなタイプの人間だろうとみてる側が錯覚してしまうタイプの俳優だと思う。
そしてなぜかしらいつの間にか夢中になってしまう。とにかくいろいろウマい。
ラジュンモ役のチャテヒョンはイケメンの部類の役者ではない(すみません)けども、観てるうちに情が湧いて来るというか、なんか好きになってしまうタイプの俳優さんですね。猟奇的な彼女の彼氏役のときからそんな感じでした。
この素敵な男性二人に愛されてうらやましいのがイェジン(コンヒジョン)です。
ジュンモも捨てがたいが、インコヌナはやっぱりペクスンチャン(キムスヒョン)派!!!
こうやってどっちにするかドラマを観ながら迷うのが、一番楽しい時間ですよね。
 

ペクスンチャン サランへ♡

ペクスンチョンの役は頼りないし情けない新人なのですが、猫背具合も絶妙。キムスヒョンはこういう演技ほんと上手。
“星から来たあなた”のときは、あんなにシュっとしてたのに!(シュっとしてるっていうのは関西弁らしいですね。顔とかスタイルとか性格とか総合的な意味でかっこいいという意味で使われていると思います)
キョドってるけど褒めたら調子に乗るタイプだから、ついつい褒めて伸ばしたくなってしまう。頼りないけど愛嬌はあるし、とにかく癒されるわ~♡
彼の好意にうすうす感じながらも、でもずいぶん年下だし、先輩として慕ってくれてるだけよね。と自分に言い聞かせてる。(妄想タイムに突入しています)ペクスンチャンに懐かれたい。一緒に飲みに行きたい。ホットック買ってきてもらいたい。カラオケ?行こう!カッチカジャ!!!!!

スンチャンがジョンモにさりげなく張り合って来るあたりも、最高にかわいい。
年上の先輩を好きになるっていうシチュエーションなので、それも入り込みやすくて、いい感じ。

好きなシーンは、「焼肉を食べたいんだけど一人じゃ寂しいから、おごるのでついて来てください」とイェジンを誘って肉を食べるシーン。イェジンが「ご褒美よ。あーんして」と言ったらスンチャンはうれしそうにあーんする。犬みたいに喜ぶ。
ちょっと!めっちゃかわいいやないか!
韓国人の、あの焼肉をあーんして食べさせるシステム。憧れるわ。スンチャンよ。頼むから私にもあーんさせて欲しい。奢ってくれとは言わない。ヌナが奢るから!頼む!
 

プロデューサーイラスト
韓国のテレビ局の裏側がのぞける!

ついでみたいになってしまいますが、実在するバラエティ番組が出てきたり、スターが本人役でのカメオ出演したりで、テレビ局の裏側を観れる感じです。そういう意味でも楽しいドラマです。ドラマ内で1泊2日という番組からおばあちゃん俳優に降板を伝えなきゃいけないけど、みんな伝えるのを嫌がるエピソードがありますが、年齢を何より大切に考える韓国人にとって、年上の人にそれを伝えるのはそりゃストレスだろなと、普段考える事もないような事も垣間見れて面白かった。
IUちゃんも歌手役で出てくるのですが、このドラマでファンになりました。見れば見るほどかわいらしいわ。この子。歌手なのに演技もとっても上手。韓国語の先生によると、IUは超絶熱烈なおじさんファンが多いよとの事でした。このかわいらしさ。おじさんも好きになるわな。
 

韓国の住居事情

ドラマの中でイェジンがアパートがなくて困るエピソードが出てくるのですが、韓国の(とくにソウル)の住居事情は日本より複雑なようです。ドラマの中では度々「アパートの保証金が。。」というエピソードが出てきます。

主に「チョンセ」「ウォルセ」という2種類のシステムがあります。

・チョンセ・・・最初に高い保証金を払い、家賃は無料。でも保証金は買ったらええやん!っていう位高い。でも退去のとき保証金を全額返してもらえる。
・ウォルセ・・・保証金+家賃 日本のシステムに似てるけど、日本より保証金は高め。

とにかく部屋を借りるのに何百万円のお金を用意しないといけないらしいので、大変ですね。だから貧乏人は半地下か・・・。
半地下は映画で観て辛いイメージしかない。なので半地下か屋根の上なら屋根の上がいいわ~と思ってましたが、屋根の上は熱いよ。と言われました。屋根の上の部屋、ドラマの中では大きい椅子?テーブル?縁側?みたいなのに寝っ転がっててなんか楽しそうですけどね。
 

酔っ払いシーンについて

韓国の俳優にとって、酔っ払いのシーンをいかに演じるかは重要なポイントだとインコヌナは考えます。酔っ払い演技が生ぬるいと、一気に冷めるというか、気取ってるな。と思ってしまいます。イケメンでも美女でも、ここはもうすべてを忘れて俳優魂を見せてほしい!
そういう意味でこのドラマ内での3人の酔っ払い演技は圧巻でした。5話あたりの酔っ払いシーン、これ台本あるんかな?と思うくらい楽しそうでした。
 

なぜ会社にスンチャンが居ないのか?

誰が興味あんねん情報ですが、私はとにかく子犬系のかわいいナムジャが好きです。あんなクリクリの目で一生懸命見られたら。。。。インコヌナ、困る。好きになっちゃう。キムスヒョンは目!目が素敵。目に引き込まれる。
このままずーっとぼんやりとスンチャンを眺めていたい。スンチャンと過ごしたい。ドラマよ、終わらないで。そう思っていました。
爆発はしなかったけど、じんわりとスンチャンが好き。そういうサランもいいじゃない。

。。。自分の会社にペクスンチャンが居ない事を恨む。
 

あなたの評価の星の数をタップしてください

あなたのプロデューサーの評価の星の数をタップしてください。
(表示されているのは現在の平均点です。)
 

あなたの評価を5段階で投票できます

平均 4.4 / 5. 合計 12

現在投票はありません

コメントを残す